AD9851駆動基板とDAC駆動基板の製作をした。 まず、AD9851駆動基板についてだが、電源部とGND部を全て配線し終えた。 また、フィルタ部も青基板上にはんだ付けし製作完了した。 ・AD9851駆動基板裏面 ・フィルタ基板 青基板を適切な大きさにカットし、配線を…

DAコンバータ駆動基盤の動作試験を行った。 VCCは5Vに設定し、REFA,REFBはともに2.5Vとした。 最初に試験した際に、出力が得られなかったため、全ての配線について導通検査及び電圧検査を行ったがすべて狙い通りの値となっていた。 その後、共同研究者がプ…

AD9851駆動基板の手作業による作成を行った。 銅線はグラウンドとして使い、AGNDとDGNDは分断し、19ピンにて結合させている。 AD9851のピン間に沿わせてある銅線は、パスコンとの接続用GNDであり、フィルタ部のグラウンドもここから取ろうと考えている。 作…

昨日まで設計していたAD9851駆動基板だが、加工機の故障により作成不可能となったため、手作業による制作に切り替える。基本的に部品はユニバーサル基板に組み付け、フィルタ部は青基板に作り組み合わせる形とした。 現在の状態が下図である。とりあえず大き…

AD9851駆動基板の設計を行った。 修正内容は、 ・フィルタ部のベタアース取り消し、GNDは配線により接続 ・VINPとフィルタ部をジャンパ線接続に変更

AD9851駆動基板の設計をおこなった。 修正内容は、 ・DCジャックとLの移動 ・SMAコネクタの位置変え である。 回路図に変更点は無いため、プリントパターン図のみ掲載する。

前回に引き続きAD9851駆動基板の設計を実施した。 今回の変更点は、 ・AVDD同士とDVDD同士を繋ぐジャンパ専用ピンの設置 ・RESETピン間接続用ピンソケット設置 ・DATAピン-D7ピン間接続用ピンソケット設置 ・IOUT,IOUTBをAGND側へ移動 である。 ・回路図 ・…

AD9851駆動基板の設計を行った。 ・DCジャックを基板内に収める ・ビス穴を四隅に開ける ・グラウンドの境界を19-20ピン間に移動する ・VOUTP,VOUTNの出力SMAコネクタの追加 ・19ピン近くにGND接続点の配置 を実施した。

AD9851駆動基板の設計を行った。 配線簡略化のため前回から大幅に変更を加えた。 ・回路図 下図右側がDGNDで左側がAGNDである。 フィルタ部は左上側に固めて配置し、GND接続点は画像中央部のパスコンがある部分に設定した。 ・プリントパターン図

AD9851駆動基板の設計を行った。 現在の状況は下図のようになっている。 デジタルグランドとアナロググランドを分けたが、それにより素子の位置が固定的になり配線が複雑化したため、グランドのとり方を検討中である。 ・プリントパターン

AD9851の動作テストを行った。 水晶発振器の出力にコンパレータを挟むと動作したため、前回動作しなかった原因はコンパレータがなかったことだと考えられる。 ・旧AD9851 ・171124の出力 ・171125‐1の出力 ・171125‐2の出力 ・171125-2で周波数変更後の出力 …

前回作成したAD9851変換基板の動作テストを行った。 Arduinoのテスト用プログラムを使用して、動作テストをしたが、出力は出なかった。 基準発振は出力されていたが、先行研究基板ではアンプを通さずにそのままAD9851に入力していた。そのため、基準発振出力…

はんだ吸い取り線を使用して前回の接続してしまった箇所の修正と残り2つのはんだ付けを行った。 2つ目は、隣接ピンが接続してしまった箇所が2箇所できてしまい、修正のために基盤が焦げてしまったが導通に異常はなかった。3つ目は、事前にハンダを薄くつけて…

先日切り取ったDAC幅変換基板は以下のような形で使用する。導通検査を行ったが、意図した場所(1,2ピン)以外は接続していなかった。 またAD9851をピッチ変換基盤に取り付けた。 はんだ線が太いものしかなく、隣接ピン同士が接続してしまった部分が生じてし…

DAC基板の加工を行った。小さく切り取るために、カッターで切りこみをいれて折った。[

DAC基板の幅を変更するための基板を作成した。 一つは被覆のある状態で接続したが、内側のピンはその方法では難しかったため被覆を剥がし、基板の裏表に渡って接続している。

DAC基板の修正とはんだ付けを行った。 プリントした基板の銅箔面は下図のようになっている。 まず、導通検査をしたところ、下図の下側にあるSMAコネクタがグラウンドと接続されていたためカッターにより絶縁した。 その他は、全て検査したが異常なかった。 …

DAC基板をプリントした。 おおむねうまくいったが、ミリング幅が基板の位置により異なっていたため浅い部分があるので、手作業で数箇所修正する必要がある。 プリント前にパターンを修正したため前回のパターン図から変更点がいくつかある。 変更後の分圧部…

DAC基板の修正を行った。 信号ピンを図上部に移動し、コイルを90度回転し配線した。

DAC基板の修正を行った。 分圧抵抗のグラウンドをデジタルグラウンドで取ってしまっていたため、デジタル信号によるノイズが発生した場合に基準電圧が変化し、分圧出力が変化してしまう設計になっていた。そのため、アナロググラウンドに配置しなおした。 ま…

DAC基板の修正を行った。 【修正点】 ・アナロググラウンドとデジタルグラウンドをDACのGNDピンのみで接続 ・分圧抵抗と信号ピンをデジタルグラウンド側へ移動 ・SMAコネクタ同士の距離を広げる ・パスコンをVCCピンとGNDピンの間に接続 その結果が下図であ…

DACの基板設計を行った。

DACの駆動基板設計をするためにグラウンド設計について学習をおこなった。 以下グラウンド設計の学習内容まとめである。 DAコンバータなどのミックスド・シグナル・デバイスは、サンプリング周波数が低い場合でも内部クロックは高周波であるため、高品質なグ…

フィルタ特性グラフを修正した。

前回測定したフィルター特性をグラフ化した。縦軸がdBm、横軸がMHzになっている。 ・フィルター特性 また、間違いのあったDCジャックのピンを修正し、位置を上方に修正した。 ・pcbnew

filter基盤のはんだ付けを行った。 DCジャックのピン間違いがあったためジャンパ線により修正した。 ・銅箔面 ・表面 またこれらの特性測定をアンプ有・無の両方について行った。 ・測定結果

filter基板とμPC2627T変換基板をプリントした。 ・filter基板 ・μPC2726Tの変換基板

・裏表について 以前加工したものを見比べてみた。 上図を見るとレイヤが表面の導体層の場合は、銅箔面から見たパターンになっているため、DCジャックの向きはそのままで問題ないと思われる。そのため、下図のような向きにした。

コイルの大きさを考慮した配置に直した。

電源に直列コイルを挿入し、並列コンデンサを追加した。コイルの足幅は7.5mmとした。 DCジャックを基板上に収まるように位置と方向を変え、シャーシ固定用に直径3mmのねじ穴を四隅に追加した。 ・回路図 ・pcbnew全体図 ・pcbnew変更点拡大図