読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前回のデータをもとに出力が正しいのか調査した。 AD9851のデータシートを参考にした。 どのような出力が正解なのか疑問の残る部分があるのでその部分については本日動作が確認された先行研究基板と比較し検討を行う。 分圧回路の回路図は明日掲載する。

抵抗とコンデンサの並列接続による電圧への影響を調べた 下図がその回路である 緑がコンデンサ端 黄色が分圧後の電圧端 紫がGND 赤黒が電源端である それぞれの電圧を調べた 赤ー紫間 黄色ー紫間 コンデンサ接続後の黄色ー紫間 よって、コンデンサによる…

前回、コンパレータが動作しなかったが、今日同じ構成で再実験したところ動作した。 各ピンの出力を以下に示す。 1ピンの電源入力は120mV程度 3ピン入力波形 5ピン出力波形

前回、先行研究基板を用いてコントローラ動作試験を行ったが、出力を得られなかったため原因調査をする。 まず、水晶発振器の動作テストを行った ボードに水晶発振器を挿し、電源とグラウンドのみを接続した結果を掲載する。 結果としては、正しい出力が得ら…

先行研究基板の動作テストを行ったが出力を得られなかった 基準発振を得られなかったことが原因であると思われる コントローラがa触れないほど発熱していたがあれが正常なのかわからない コントローラ、AD9851の発熱は正常であるとの記載を発見 基板3…

AD9851コントローラの動作試験 基板3の半田付け完了 その後基板3の動作試験を行おうとしたが、VDDをとる方法が分からなかったため断念 下図中央の黒いコネクタから取っていたようだが、その元を発見できず

先行研究基板の半田付けをおこなった。 図の右のピンはVDD用であるが、大きな3PINの要素があったようだが、何を使っているのか不明である。

水晶発振器コンパレータ間 誤 正 上図に示したように、試作2では水晶発振器の出力を直接コンパレータ入力に繋いでいた。これは、データシートに記述されていたものをもとに設計したが、先行研究ではコンデンサと抵抗が接続されていた。 AD9851について 誤 …

回路図における試作2の基板不具合該当部について 水晶発振器からコンパレータ間について 上図の中央下部分の配線が直接繋がっているが、抵抗とコンデンサによりグラウンドに落としていないため不具合があったと考えられる AD9851周りについて 上図の4-6…

水晶発振器周り ・出力とコンパレータ間を抵抗とコンデンサでグラウンドに落としている。 参考基板 試作2 AD9851周り ・4ピン6ピン間に10KΩが挟まれている 全体 ・アナログGNDとデジタルGNDを別にしている これらが相違点である。この結果を参考にAD9851を1…

試作2の動作テストを行った。 水晶発振器からの出力は得られたが、コンパレータからの出力は得られなかった。 各部の出力や電圧を調べたところ、電源電圧が4.3Vしか出ていなかったことがわかった。 また、先行研究の基盤と比較したところコンパレータの出力…

試作2のはんだ付けをおこなった。 信号線と電源間のジャンパー線用ヘッダとコンパレータに供給する電圧の分圧用に抵抗をはんだ付けした。 コンパレータは今回は表面実装にしたが次回からは変換基板を使用し使いまわしができるように配慮する。 はんだ付けし…

KiCAD基板データの改善と最終調整、及び確認を行った。 その後、ガーバーデータ出力を行った。 回路図 pcbnew ガーバー

RESETピンの設計ミスを修正する。 前回の設計ではRESET信号を入力するべきピンがグラウンドに接続されてしまっていた。そのため動作テストではカッターによる絶縁により動作させていたが、不安があるため基盤を修正しプリントしなおすことにした。下図が問題…

前述したRESETピン周りのカッターによる絶縁を行った。 下図の中央がそのピンである。 その後出力テストを行ったが、正しい出力は得られなかった。 引き続き原因調査を行っていく。

水晶発振器とAD9851を1台搭載した状態でpapilioをシールド基板に挿して動作実験を行った。 出力を確認したがノイズしか確認できなかったので、各部出力を調べた。 水晶発振器からAD9851のREF_CLKピンまでは出力はあったが、不安定であった。 また、AD9851のR…

2016-12-5

半田付けの続きを行った。 水晶発振器のピン配置変更とピン数調整を行った。 水晶発振器のピンからの出力とソケット側の入力の関係が下図のようになっていたため、ピン位置と数を対応させる必要があった。 作製したものが下図である。 二枚基板を使用して実…

2016-11-30

LTC1719CS6の半田付けとその周辺の素子の半田付けを行った。 LTC1719CS6は非常に小さく半田付け時に半田ごてまたは溶けた半田が触れるとずれてしまう為テープで固定してから行った。しかし、それでもずれてしまい一つ目の素子を壊してしまった。そのため二つ…

2016-11-10

今回は、水晶発振器搭載用の変換基板を作製した。 再製作する理由としては、 ・アンプを外部設置型に変更したためアンプを通す必要がなくなったこと ・ピンの数が余っている状態で、ソケットからはみ出しているためショートや不具合の原因となりうること が…

2016-11-1

試作3の半田付けを行う前に、AD9851が前回使用したものと異なる形の変換基板についていたので、付け替えを行った。 素子が小さいため対角のピンを仮止めした後に他のピンを半田付けした。 ピン間隔が狭かったため、帯状に半田をつけた後に半田吸い取り線を…

2016-10-18

前回設計を終えた基板(以降、試作3と呼ぶ)の加工が終えたのでその結果を記す。 概ね設計通りの加工が行われており、不安要素であったフィルタ部の細かい部分も潰れることなく正しくプリントされている。 それぞれの素子のピン位置と基板上での位置関係も…

2016-10-12

まずは、前回に引き続きフィルタ部の設計を行った。 前回設計したものと同様のもの(位置関係の都合上、全く同じではないもの)を両AD9851に設置した。さらに、必要であると思われる1ピンコネクタを配置し位置関係を調整したものが下図である。(Eeschemaは最…

2016-10-5

信号の出力及び帰還部の配線のためフィルタの再設計を行った。 前回設計したフィルタは配線を行う際にかなり細い配線幅で行う必要があった。その改善策としてフィルタ部のそれぞれの素子間の距離を出来る限り近くすることにした。その結果が下図である。 素…

2016-7-11

前回発生したコンポーネントとフットプリントのエラーの処理から取り掛かった。 様々な方法で復元を試みたが出来なかったので、単純に作り直した。 その結果が下図である。 作り直すついでに1ピンコネクタの数を調節した。 次に、フィルタを追加したことに…

2016-7-4

基板のプリント結果 今回製作した基板(以下、試作2)をプリントした結果を以下に示す。 なお、テストのため使用済み基板を使用したのでデータにあるもの以外の配線がある。 ドリル径 使用可能なドリルのサイズとしては 0.7mm 1mm 2mm である。 現在製作中の…

2016-6-27

前回に引き続き、pcbnewによる配線を行った。 目標としては、ジャンパー線を想定した配線と、それぞれのモジュールの位置関係の検討である。 配線の案としては、ベタグラウンドとしてある表面側から、ジャンパ配線を行うことである。 このことから、ジャンパ…

2016-6-17

重要な配線(高周波アナログ信号線)は手動で行い太くするため、配線幅の個別での変更方法を調べた。 デザインルールの設定>グローバルデザイン>カスタム配線幅 カスタム配線幅に配線幅を登録しておき、配線前または配線後に、右クリック>配線幅の選択から…

2016-6-6

以下の指示を参考に、パターンの改善を行う。 (1)(3)(4)の内容から、ピン間を通る配線とIOUT-BNC間の配線を邪魔する配線を削除し、その後、削除した配線に必要と思われるジャンパー線用コネクタを追加し配置した。 (2)については、グリッド数を合わせ形を同…

2016-5-29

今回作成した基板データをもとにプリントした第一試作品(以下、試作1と呼ぶ)を参考に設計の練り直しを行う。 まず、今回のプリントの大きな目的であった、設計図と実際の基板の関係性だが、左右反転(kicadの設計図は、プリント面を裏側から見たときの回路に…

2016-5-24

AD9851搭載基板の設計を行う。 条件としては、 ICの直下にバイパスコンデンサを接続すること。さらに、ユニバーサル基板の間隔に合わせて設計することである。 また、隣のピンに触れないためには配線幅は0.005インチほどの細さである必要がある。 大きさはな…

2016-5-16

前回に引き続き、PcbNewにより配線を行う。 電源の位置はとりあえず置いておき、配線の行ってから都合の良い場所を選んだ。 下図がその結果である。 電源はwingBの上方のものを選んだ。 水晶発振器と出力端子の位置を以前のものと上下入れ替えて設計してみた…

2016-5-5

今回はPcbnewでコンポーネントを配置する。 それに向け、まずはCvPcbにより 部品のコンポーネントとフットプリントの関連付けを行った。 詳細は下図。 BNC_conは作成した出力用ケーブルの接続端子コンポーネント。 DIP-14_300はVM39S5C用、DIP-28_300#はAD98…

2016-5-3

前回に引き続きpapilioシールド基板設計を行う。 今回は、kiCADのEeschemaで配線の行う。 それに向けて、 Eeschema上でライブラリにpapilioコンポーネントを作成し追加した。 実際のpapilio基板と同様に、基板右側にwingA,B、左側にwingCを上から0~15ピ…

2016‐5-1

papilioの大きさは86×68 前回作成した基板の大きさは73×64 であるのでArduinoを外すことを考えても小型化する必要がある。 今回はpapilioシールド基板に向けてKiCADによりpapilioのモジュールを作成する。 調査したところ、papilioのピン間隔などは公開され…

2016-4-25

コンパレータICのコンポーネントとフットプリントを作成した。 パッドの配置の都合上パッドのクリアランスを0.005inchにしたが、加工時に問題があるか検討してみる。

2016-4-22

ArduinoからFPGAに変更する作業を始めた。 元々あったArduinoシールド基板用のブロックを削除してジャンパ線による配線を行うこととした。 機械的安定性のため、ジャンパ線を基板にはんだ付けし、その基盤をFPGAシールド基板とするものとした。 まずはAD9851…

2016/1/26

配線できていないものをジャンパー線により結線し、ひとつのAD9851を用いて悴田さんのプログラム[dds_test3]を実行してみましたが、ノイズしか確認できませんでした。 既存のものでは発振を確認できたので、基板に原因があると思われます。考察の部分にこの…

2016-1-13

ピンの間を通せば配線はできた。 昨年は0.008インチで不安だったので 0.012インチにして配線をした。 水晶発振器からの配線はもう少し考える必要がある。

2016/1/12

前回のものは改善されなかったのでそのままにして 本題に移った。 作成目標は ・AD9851×2 ・水晶振動子 ・Arduino これらをひとつの基板上にジャンパー線を使わずに配線する。 昨年のものを引き継ぎつつ、フィルターを取り除き、Arduinoを裏から差し込む形…

2015-12-12

前回、スケマは終わったので 今回はレイアウトをする。 Pcbnewを開いてデザインルールなどを設定後、前回作成したネットリスト読み込んだ。 とりあえずばらばらに配置してみると、RV1,RV2が資料と違うフットプリントだった。 資料のものと同じものに変更しよ…

2015-12-11

KiCadの学習に取り掛かった。 まずは資料を参考にして作成した。 ライブラリエディタでコンポーネントを作成した。 IOピンのエレクトリックタイプは双方向とし GNDは電源入力とした。 次に資料どおりにコンポーネントと電源を配置した。 このとき3ピンの可…

7/16

前回できなかった[Analog read pin example]だが 今回改めて実行してみたら問題なく正しい値が表示された。 前回の問題の原因は分からずじまいだが正しく動作しているのでこのまま続けようと思う。

7/7

LabVIEWでArduinoを動かせる環境を作った。 まずLabVIEWをインストール。評価版だが問題なく起動した。 次にVI Package Managerをインストール。 起動したら[LabVIEW Interface for Arduino]を選択し、左上のInstall and upgradeを実行。 次にNI_VISAをイン…

6/18

3.3Vの出力を得るためにUSB可変安定化電源モジュール作成した。 最初は、はんだごてを300度に設定していて上手くいかなかった。はんだは焦げてしまい、ミスも多くなってしまった。 400度に設定すると上手くいったが、たまにはんだが溶けないときがあった。は…

6/4

温度によりLEDの色を変化させるプログラム。 ---------------------------------------------------------------- const float RefV=1.1;float temp1, temp2, temp3, temp4, temp5; void setup(){ // シリアル通信の設定 Serial.begin(9600); // AD変換の参…

5/26

まず、基本である「Hello,World」から。 1000msごとにHello,Worldを出力する。 使っている関数 setup() setup()はArduinoボードの電源を入れたときやリセットしたときに、一度だけ実行される。変数やピンモードの初期化、ライブラリの準備などに使う。setup(…