読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016-5-5

今回はPcbnewでコンポーネントを配置する。

それに向け、まずはCvPcbにより

部品のコンポーネントとフットプリントの関連付けを行った。

詳細は下図。

 

f:id:maroon555:20160505160632p:plain

 

BNC_conは作成した出力用ケーブルの接続端子コンポーネント

DIP-14_300はVM39S5C用、DIP-28_300#はAD9851用に作成したコンポーネントである。LT1719CS6#,papilioも同名のもの用に作成したものである。

 

これらを元に、主要な部品のみをpcbnew上で配置した。

f:id:maroon555:20160505160557p:plain

 

見て分かるように

AD9851二つはpapilioのwingB,C間に収まったのでその範囲で配線を行おうと思う。

その他はpapilio内には収めず、広げて配置する。

 

電源の位置を考慮し、また、フィルタを組み込むことを考えると、電源部と信号部で二層にすることも視野に入れながら、とりあえずは一層で進めて行こうと思う。