読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RESETピンの設計ミスを修正する。

前回の設計ではRESET信号を入力するべきピンがグラウンドに接続されてしまっていた。そのため動作テストではカッターによる絶縁により動作させていたが、不安があるため基盤を修正しプリントしなおすことにした。下図が問題の箇所である。

f:id:maroon555:20170131190737p:plain

両方のAD9851においてこのような接続になっていたため修正した。また、papilio側にもRESET出力用のピンを指定していなかったのでB8に指定し新規追加作製した。

f:id:maroon555:20170131193015p:plain

配線は配置上困難であったためジャンパ線での接続を用いた。ピンコネクタを配置するスペースが不足していたため電源配線を削除しジャンパ線での接続に切り替えることでスペースを確保した。

そのほかに前回プリントしたもので、ピン同士の位置間隔やフットプリントの大きさなどが不便であったのでところどころ微調整を行った。

 

出力が得られなかった原因調査の一環として入力ー出力の対応などを再確認したが問題は見られなかった。