読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水晶発振器周り

・出力とコンパレータ間を抵抗とコンデンサでグラウンドに落としている。

  参考基板               試作2

f:id:maroon555:20170326003342p:plain      f:id:maroon555:20170326003549p:plain

 

AD9851周り

・4ピン6ピン間に10KΩが挟まれている

f:id:maroon555:20170326004805p:plain    f:id:maroon555:20170326004809p:plain

 

全体

・アナログGNDとデジタルGNDを別にしている

 

 

これらが相違点である。この結果を参考にAD9851を1台ドライブする基板の設計をおこなった。

その結果を下図に示す。

f:id:maroon555:20170327033819p:plain

f:id:maroon555:20170327033829p:plain

 

AD9851をひとつ搭載した上で、GNDを区別しそれぞれ統一することは出来たが、信号線を太くすることは難しかった。

その点については、シールド基板でないものを使用することを視野に入れて設計をおこなっていく。