読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回路図における試作2の基板不具合該当部について

f:id:maroon555:20170331160542p:plain

水晶発振器からコンパレータ間について

f:id:maroon555:20170331160634p:plain

上図の中央下部分の配線が直接繋がっているが、抵抗とコンデンサによりグラウンドに落としていないため不具合があったと考えられる

 

AD9851周りについて

f:id:maroon555:20170331160848p:plain

上図の4-6ピン間がVccとして繋がっているがその間に抵抗を挟んでいなかったため不具合があったと考えられる。

 

全体について

グラウンドはすべてGNDとしているが、AD9851のアナログとデジタルのグラウンドを分けGND、AGNDとしなければならない。

 

 

以上が、回路図による異常の原因と見られる部分の抜粋である。