発振器、コンパレータの動作を実現するために基準発振部のみを搭載した基板(基準発振回路)の作成をおこなった。

 

基準発振回路の回路図を下図に示す。

f:id:maroon555:20170601233538p:plain

 

kiCADにおけるpcbnew図を下図に示す。

f:id:maroon555:20170601233553p:plain

 

この回路の動作試験時には、安定化抵抗やパスコンをつなげない状態から計測し、動作に必要な最低条件を見定めていくことにする。