基準発振回路の半田付けを行った。

作業中にフットプリントが反転していることに気がつき改善を試みた。

下図のようにジャンパー線により入れ替えを行った。

f:id:maroon555:20170607231304j:plain

 

しかし、コンパレータ部はピンが最小限しかなくピンの配置換えが出来なかった。

 

基盤の再加工を視野に入れ改善法を検討していく。