フィルター・アンプ基板を作成した。

フィルターは先行研究を参考にBPFを挿入した。

 

・回路図

 

f:id:maroon555:20171019173548p:plain

 

・pcbnew

 

f:id:maroon555:20171019173559p:plain

 

・μPC2726T変換基板

f:id:maroon555:20171019173608p:plain

フィルタ基板の設計を行った。

大きさはC基板とし、AD9851の15,20,21ピンからの入力は形状が不明であったためとりあえずsmaコネクタで作成した。

 

f:id:maroon555:20171017000226p:plain

 

f:id:maroon555:20171017000234p:plain

 

DCジャック分岐基板接続ようのDCケーブル加工を行った。

 

コネクタ部の穴が小さく、ケーブルを通せなかったため被服をはがしてずらしてからはんだ付けしその後戻すという手順で行った。

その結果、グラウンド線が露出してしまったため、テープで絶縁処理をした。

 

 

 

f:id:maroon555:20171012214105j:plainf:id:maroon555:20171012214101j:plain

 

識別ワード4文字+コントロールワード10文字を生成するVIを作成した。

ブロックダイアグラムとフロントパネルを下図に示す。

 

・メインVIのブロックダイアグラム

f:id:maroon555:20171002225148p:plain

 

・4bitずつ10進数変換サブVI

f:id:maroon555:20171002225132p:plain

 

・16進数変換と文字列生成サブVI

f:id:maroon555:20171002225151p:plain

 

 

 

・フロントパネル

f:id:maroon555:20171002225155p:plain

 

 

・出力結果

f:id:maroon555:20171002225205p:plain

 

 

共同研究者のVIと組み合わせようとしたがlabviewのバージョンが違うためうまくいかなかった。共同研究者のlabviewをバージョンアップすることで改善を試みている。

2017-9-28

labviewにより、RS232Cを通してpineとpapilioを駆動するためのユーザーインターフェース制作を行った。

ddsを識別するアスキーコードは

dds1とdds2としフロントパネルからコンボボックスで選択できるようにした。

その後ろに40ビットのシリアルワードを付随させ送信する。

32-34ビット目のコントロールワードは、フロントパネルから可変とした。

 

ブロックダイアグラムf:id:maroon555:20170928182324p:plain

 

フロントパネル

f:id:maroon555:20170928182321p:plain

 

アスキーコード4文字+40bitの形から、アスキー+16進数10文字に変換し、共同研究者が作成したブロックダイアグラムへ渡してSC232Cとの通信を行う。

その該当部分が下図である。

配列から1文字ずつ取り出し、文字列として連結させて40ビットを生成しようとしたが、全てがアスキーコードになってしまった。

これを改善する方法を模索中である。

 

f:id:maroon555:20170928192550p:plain

 

 

 

 

基準発振回路4の設計をおこなった。

前回からの変更点は、

・基板を一枚に統合

・-5Vを直接接続

・DCジャックの向きを修正

である。

 

以下に、回路図とプリントパターンを示す。

 

 

f:id:maroon555:20170716214903p:plain

 

f:id:maroon555:20170716214900p:plain

 

 

基準発振回路のはんだ付け面の写真を掲載する。

・水晶発振器部

f:id:maroon555:20170704233535j:plain

 

・コンパレータ部

f:id:maroon555:20170704233538j:plain

 

 

動作させたときの出力が下図である。

f:id:maroon555:20170704233541j:plain

 

 

また、基板パターンの改善が必要な部分を下図に示す。

DCジャックは裏表が全て逆であった。

また-5Vは、3.3Vをグラウンドに落として得ている。

それ以外の変更点は黄色で書き込んだ。

コンデンサと直列で繋がっている素子は判別できなかった。

f:id:maroon555:20170704233526p:plain