読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンパレータの各ピンの出力を計測した。

1ピン 97mV

2ピン 0V

3ピン 画像が送信できないので波形を載せれないが振幅400mVの12.82MHzの波形出力

4ピン  4.98V

5ピン 前回と同様に下図のような波形出力

f:id:maroon555:20170525181655j:plain

6ピン 0V

 

前回の結果をもとに試作基板4の改良を試みた。

まず、コンパレータ出力が安定しない問題については、10pFを出力部に並列に繋いでみたところ、改良前よりはましにはなったがまだ安定しているとは言えなかった。

f:id:maroon555:20170525181655j:plain

 

その他、パスコンや安定化抵抗を取り付けた状態で次回動作を確認してみようと思う。

先行研究コピー基板3の動作テストを行った。

動作の必要条件を調査するためパスコンや安定化抵抗などを取り付けない状態から調査していった。

パスコン等なしの状態(水晶発振器出力のみはパスコン等取り付け済み)

・コンパレータ出力は波形の乱れが合ったが出力は確認できた。

・AD9851の出力は確認できなかった。コンパレータ出力の乱れが原因として考えられる。

②コンパレータ出力部に10pFを並列に接続

・コンパレータ出力は安定した。

・AD9851の出力は確認できなかった。

③AD9851周りにパスコン接続

・AD9851からの出力を確認できた。

・しかし、周波数をあげると波形に乱れが生じた。

原因としては、グラウンドを全て共通にしてあること、フィルタ部のインダクタが不足しているため異なる値のものを使用していること、が考えられる。

 

 

f:id:maroon555:20170524225847j:plain

f:id:maroon555:20170524225843j:plain

 

 

以上のことから、パスコンや安定化抵抗、コンパレータ出力部に10pF並列接続、の全てを満たしていないと安定した動作は難しいと考えられる。

これを参考に自作基板を改良しようと思う。

 

 

先行研究コピー基板3のはんだ付けを行った。

まずは、前回動作しなかったコンパレータの動作確認を行うために、水晶発振器とコンパレータ周りのみのはんだ付けを行った。分圧用の抵抗と電源供給部のみ繋げたが出力を得られなかった。そこで、5V電源に対して安定化抵抗をグラウンド間に繋げたところ発振出力を得られた。

これが原因か調査するために、先行研究コピー基板2に対して同じ処理を施したが、電源供給用のソケットが不足しておりはずしてしまったため確認はできなかった。

その後、先行研究コピー基板3のはんだ付けを行った。

動作試験は次回おこなう。

試作基板4の電圧及び波形チェックを行った。

 

水晶発振器からは下図のような波形が出力されていた。

14ピンには5Vが電源として入力されていた。

f:id:maroon555:20170426160501j:plain

 

 

次に、コンパレータicの出力を調査したが、波形を確認できなかった。

原因調査のため、電源まわりを調べたところ、1ピンに電圧が来ていなかったため次のような順序で調査した。

1、グラウンドとの接続を疑い、パターン回りの導通チェックを行った。しかし、異常は見られなかった。

2、分圧が上手くいってない可能性から、抵抗値を測った。4.7kΩの部分の計測値がなぜか210Ωとなっていた。

3、他抵抗との並列接続を疑い、電源周りのすべてのパターンをカッターにより絶縁処理を行った。→改善は見られず。

4、抵抗のはんだ付け部の接触不良の可能性を考え、一度取り外し新しい抵抗を取り付けた。その際、抵抗の下にあるパターンもカッター処理を行った。→改善見られず。

5、先行研究基板との配線パターンの違いがないことを確認し、抵抗値や電圧値を比較した。→コンパレータの分圧部以外は違いを確認できず。

その後、パターンをカッターで削ったり、はんだ付けミスを探したが、改善は見られなかった。

 

後日、違うアプローチで再調査する。

先行研究基板②のはんだ付けを行った。

フィルタ部の330nHが1つ不足していたため、そこ以外をはんだ付けを行った。

また、ピンソケットが残り4本ほどになった。