AD9851駆動基板とDAC駆動基板の製作をした。

まず、AD9851駆動基板についてだが、電源部とGND部を全て配線し終えた。

また、フィルタ部も青基板上にはんだ付けし製作完了した。

 

・AD9851駆動基板裏面

f:id:maroon555:20171215214515j:plain

・フィルタ基板

f:id:maroon555:20171215214518j:plain

 

青基板を適切な大きさにカットし、配線を接続すれば完成となるが、IOUTの出力をそのまま取り出す際に邪魔になる可能性があったため検討を行ってからとした。

 

DAC駆動基板についてだが、信号線としてCLRピンの入力が不足していることが判明したため、ドリルとカッターによりピンを追加した。

DAC駆動基板(左下の孤立した1ピンソケットが該当部)

f:id:maroon555:20171215214508j:plain

 

DAC駆動基板裏面

f:id:maroon555:20171215214511j:plain

DAコンバータ駆動基盤の動作試験を行った。

VCCは5Vに設定し、REFA,REFBはともに2.5Vとした。

最初に試験した際に、出力が得られなかったため、全ての配線について導通検査及び電圧検査を行ったがすべて狙い通りの値となっていた。

その後、共同研究者がプログラムの見直しを行っている。

AD9851駆動基板の手作業による作成を行った。

銅線はグラウンドとして使い、AGNDとDGNDは分断し、19ピンにて結合させている。

AD9851のピン間に沿わせてある銅線は、パスコンとの接続用GNDであり、フィルタ部のグラウンドもここから取ろうと考えている。

作業後、導通テストを行ったが、問題なく導通・非導通となっていた。

 

・基板裏面

f:id:maroon555:20171213224210j:plain

昨日まで設計していたAD9851駆動基板だが、加工機の故障により作成不可能となったため、手作業による制作に切り替える。

基本的に部品はユニバーサル基板に組み付け、フィルタ部は青基板に作り組み合わせる形とした。
f:id:maroon555:20171211205436j:plain


現在の状態が下図である。とりあえず大きな素子は全てはんだ付けし、信号線は接続済みである。
パスコンがサイズ的に配置できないが、何か方法を考えて見ようと思う。

f:id:maroon555:20171211205646j:plain

f:id:maroon555:20171211205858j:plain

AD9851駆動基板の設計を行った。

修正内容は、

・フィルタ部のベタアース取り消し、GNDは配線により接続

・VINPとフィルタ部をジャンパ線接続に変更

 

f:id:maroon555:20171210172624p:plain



AD9851駆動基板の設計をおこなった。

修正内容は、

・DCジャックとLの移動

・SMAコネクタの位置変え

である。

回路図に変更点は無いため、プリントパターン図のみ掲載する。

f:id:maroon555:20171209234855p:plain

前回に引き続きAD9851駆動基板の設計を実施した。

今回の変更点は、

・AVDD同士とDVDD同士を繋ぐジャンパ専用ピンの設置

・RESETピン間接続用ピンソケット設置

・DATAピン-D7ピン間接続用ピンソケット設置

・IOUT,IOUTBをAGND側へ移動

である。

 

・回路図

f:id:maroon555:20171208142630p:plain

・プリントパターン図

f:id:maroon555:20171208142633p:plain